HOME>老後の家族構成編

海外のリタイヤメントハウスに入居する選択肢


一人の老後生活も選択肢はいくつも存在する

年金や貯蓄がなく、家族もいないため、動けなくなってから、どうやって生きていけばよいのかと思い悩まれている方が多いと聞きます。しかし、多くの選択肢があることから、実はあまり深く心配されなくとも、老後を快適に生きていくことは可能です。つまり、路頭に迷うことはないのです。

老人ホームに入所できるだけの年金や貯蓄がない方については、生活保護申請をすることで、不足部分を国に負担させることが可能です。これについては、各所で触れてきています。

海外のリタイヤメントハウスという選択肢

また、ちょっと発想を変え、老人ホームを海外に求めるという選択肢も存在します。

現在の年金が10万円程度で、そのままでは日本国内の老人ホームにはとても入所できないという方であっても、海外のリタイヤメントハウスや老人ホームであれば、十分に入所することが可能です。

ちなみに、日本人を対象とした老人ホームであっても月5万円程度からの入所が可能であり、月10万円も出せば、最も手厚いサービスを受けることが可能となります。

また、身の回りの世話については、月1万円程度でメイドを雇うことができます。メイドは、洗濯や掃除、買い物、入浴サポート、散歩の付き添いなどをしてくれるため、仮に動けなくなったとしても、おおよそのことは困ることがありません。

海外にあるリタイヤメントハウスの中でも、日本人を専用に受け入れている施設については、管理者が日本人である場合が多く、さらにはメイドなどの従業員も日本語を使うことができるので、日本語しかできない方であっても、生活には全く問題がありません。

これらの施設は、ショートステイも可能であることから、どのような施設であるか、もしくはどのような住環境であるのかを事前に出向いて知ることも可能となっているようです。

リゾート気分で海外生活、しかも身の回りの世話をすべてやってくれるメイド付きです。

選択肢のひとつとして考えられるのも有りかと思いますが、いかがでしょうか。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

快適な老後の生活を実現するためには、老後が到来する前からしっかりとした準備をしておくことが好ましいとされます。また、老後が到来してからでないと気づかないことも多々あることから、これらの知識を事前に知っておくことも重要となります。本サイトでは、あなたが老後を快適に送るための知識やノウハウ、コツなどを提供してまいります。どうか、ご活用いただければ幸いです。

カテゴリ一覧


老後の家族構成編