HOME>老後の家族構成編

子供や家族と同居したまま迎える老後


子供家族と同居する上で考えるべき嫁姑問題

老後を迎えた段階において、子供たちとの同居が実現している場合、今後の老いゆく自分について、比較的安心して考えることができるといいます。たとえ動けなくなったとしても、子供ファミリーが面倒を見てくれるからであり、肉親にケアをしてもらえるのであれば、あれこれと気をつかうこともなく、しかもこれまで生活をしてきた環境そのままの状態で、老いることができるのは、それがかなわない方々からするならば、非常に幸せなことであるかもしれません。

ただし、子供の家族構成によっては、少々気を使う必要があるかもしれません。

2世帯が同居する上で、どうしても持ち上がることに、嫁姑問題があります。

母親からするならば、手塩にかけて育てた我が息子に、ある日突然恋人が現れるわけですから、少々のジェラシーを感じることは無理もないことかもしれません。一方、息子の嫁からするならば、息子の親はあくまでも他人であり、他人の面倒を見たり気を使ったりするのは、できれば避けたいと願うのもまた当然のことかもしれません。そして、このような双方の複雑な思惑が、ある日、嫁姑問題を勃発させます。そしてこの問題は、長期間に及ぶことも決して少なくはありません。

お子さん家族との同居と二世帯住宅

もし、老後を迎えるまでにまだ時間があり、十分な準備が可能な状況にあるのであれば、そして、娘さんもいらっしゃるのであれば、娘さんファミリーを家に呼び込む戦略を立てることで、嫁姑問題の勃発は回避することが可能です。

嫁は姑の娘であり実の親子の関係にあることから、両者で問題が引き起こされることはまずないからです。また、嫁の旦那さんは、本来他人であるわけですが、妻の実家で親との同居を承諾してくれる男性であれば、ほぼ必ず2世帯の生活を消化してくれるはずです。

また、息子さんしかいらっしゃらないという場合でかつ、息子夫婦との同居を望まれるのであれば、事前に二世帯住宅を建てておくのも手かと思われます。

1階と2階を独立した形で分離し、それぞれにキッチンやバスルームなど、水回り設備を設置します。つまり、同じ住所にありながら、双方の生活については、互いに干渉することのない環境を、ご自身が事前に構築しておくわけです。

快適な家は家族を呼び寄せるものです。その住環境さえ用意しておけば、いずれ息子夫婦は、高い確率で家に転居することになるでしょう。とはいえ、生活は別々であることから嫁姑問題を回避することもできることでしょう。

いずれにしても、もしお子さんファミリーとの同居を望まれるのであれば、それを可能とする自宅の設計と施工を、あらかじめ行っておく必要がありそうです。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

快適な老後の生活を実現するためには、老後が到来する前からしっかりとした準備をしておくことが好ましいとされます。また、老後が到来してからでないと気づかないことも多々あることから、これらの知識を事前に知っておくことも重要となります。本サイトでは、あなたが老後を快適に送るための知識やノウハウ、コツなどを提供してまいります。どうか、ご活用いただければ幸いです。

カテゴリ一覧


老後の家族構成編