HOME>老後のマネープラン編

貯蓄もなく年金もない方の老後の選択肢


貯蓄もなく年金もない方が生きる方法

老後を目前にした方の中には、貯蓄もなく、しかも年金も支払っていなかったか、支払っていたものの国民年金のみであり、受給額が3万から5万円程度という方もいらっしゃるはずです。

しかしこの額では到底生活ができるはずもなく、今後の生活に大きな不安を抱えていらっしゃることでしょう。

このような方の場合、動ける間は仕事を続ける必要があるでしょう。豊かな老後を過ごすには難しい状況ですが、そんな状況下においても、十分に老後の生活を楽しむことは可能ですし、生きていけなくなるという状況を回避することは可能です。

今回は、そのような状況下にある場合において、健全なる老後の生活を確保するためのいくつかの方法についてふれてみたいと思います。

貯蓄もなく年金もないかもしくは生きて行くには到底足りることのない少額の年金しか受けられないという方の場合、どうしても仕事によって生きていくための資金を月々稼ぎ出す必要があります。ところが昨今では高齢者に高い賃金を支払う企業は皆無であるため、高い収入を得ることは難しいはずです。

しかし、そんな状況であったとしても、100万円程度の年収であれば、稼ぎ出すことのできる仕事を探すことは可能であるはずです。確かに仕事は楽ではないかもしれませんし、職種を選ぶことも難しいかもしれません。しかしとりあえず年収100万円程度はキープできる状況を模索することから始めます。

「その程度の収入は可能かもしれないが、生活できないではないか」

一般的には、そう思われるかもしれません。確かにこれまでの生活をそのままに生きるのであれば、それはかなわないかもしれません。しかし、意識を変えるとともに、日々の生活を抜本的に変えることができれば、実は年収100万程度の収入でも十分に生きていくことは可能です。

年収100万円で生きるための意識改革

まずは、現在の多大な支出生活から決別するために、物に囲まれた生活をやめます。物に囲まれた生活をされているのであれば、そのものの多くを一旦処分します。そして極論をいうならば、トランクひとつで動けるようような身軽さを手にします。

次に、固定経費の徹底した削減です。まず、1~2万円程度の家賃で住むことのできる場所に移転します。地方の県営住宅や市営住宅であれば、その程度の家賃で受け入れる団地が多く存在します。

また、以降物の購入は、それがなければ生きていくこと自体に支障が出るというもの以外は控えます。さらに食事については、健康を維持できるバランスの取れた食材を、なるべく安価で買い求め、すべて自炊をしてすませます。

コンビニ弁当や外食などは出費がかさむため控えましょう。医療費については、低所得者登録をすることで、ほぼ無料となるはずです。

このようにお金のかかることのすべてを排除していくのです。すると、月10万以下の収入でも、十分に生活することができるようになります。実際にこの程度の額で生活をし、しかもゆとりある時間の中で趣味を楽しんでいらっしゃる方は、現在では少なくないのです。つまり決して無理な話でも、机上の空論ではないのです。

働けなくなったときの最終手段

さて、しかし誰もがさらに歳を重ねます。そしていつしか働くことが困難になる局面を迎えることでしょう。もしこのような状態となったなら、働くことができなくなったなら、地方自治体に対して、生活保護申請を行います。

資産や収入がなく、年金についても生活にはとても追いつかない額しか受け取っていないとします。到底老人ホームなどに入ろうにも月々の入居費用や食費には到底足りないことでしょう。

しかし生活保護申請をすれば、そして同時に老人ホームへの入居を望みさえすれば、年金で足りない部分を国が保証してくれることをご存じでしょうか。また、入居に至るまでの一切の手続きを、民政員がすべて代行してくれるのです。

日本国憲法には、生存権がうたわれています。つまり日本国民は、生きていく権利を主張できるのです。ですから、仮に貯蓄もなく年金もないとしても、悲観する必要はないのです。

いかがでしょうか。少しは心が安まりましたでしょうか。

実は、誰もが老後を楽しむことができるはずです。なぜなら、年収100万を稼ぐために、働かなければならないのは、現在の最低時給から逆算しても、15日から20日程度あれば十分だからです。

問題は意識を変えることができるか否かです。意識を変え支出を無理なくしかし最小限に抑えることができれば、それだけで、老後の生活は快適なものとなるはずです。

なお、この意識改革は老後に始めなければならないわけではありません。老後前に意識を変えることができれば、それだけ老後の資金をためることができます。早ければそれだけ、老後の生活は、より快適なものとなることを、今ここでご理解いただければと思います。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

快適な老後の生活を実現するためには、老後が到来する前からしっかりとした準備をしておくことが好ましいとされます。また、老後が到来してからでないと気づかないことも多々あることから、これらの知識を事前に知っておくことも重要となります。本サイトでは、あなたが老後を快適に送るための知識やノウハウ、コツなどを提供してまいります。どうか、ご活用いただければ幸いです。

カテゴリ一覧


老後のマネープラン編