HOME>老後の生活設計編

到来してからでは難しい老後の準備


誰もが演じることになる「老後」という舞台

あなたは後に「老後」という舞台を演じることになります。舞台の開催開始日はほぼ決定しています。舞台を公演する場合、その舞台公演初日に向かって徹底したリハーサルを繰り返すことでしょう。なぜなら、ぶっつけ本番では、すばらしい舞台にはならないからです。

しかし実際には、多くの人々が、老後をなんとなく到来するものとしてとらえています。

「年金と退職金によって資金的には何とかなりそうだ」

ある程度の予測は立てているという方であったとしても、第2の人生をどのように過ごすかについて、明確な準備を講じている人は、意外に少ないものなのです。

しかし「老後」は、いずれ到来します。そして、到来直後に、予想とは大きく異なる世界であることに気づき、大きく動揺される方も多いと聞きます。

たとえば、自分の老後を、「のんびりと過ごす」と決めていたとします。しかしこれだけでは、第二の人生は、素晴らしい舞台とならないリスクが高いと言えます。

「今まで多忙だったんだ。何もせずにのんびりと過ごすと決めて何が悪い?」

そんな意見もあることでしょう。

そんなあなたに老後が到来します。待ちに待った老後。時間はいくらでもあります。妻と共に、旅行を楽しむかもしれません。また、したくてもできなかった事を日々行うかもしれません。そしてそれはとても充実した日々です。

知らなければならない「老後」という舞台の舞

しかし、大きな誤算に気づくことになります。それは、退職してから3ヶ月、もしくは半年程経過したそんなある日です。

その朝も、目覚まし時計などに頼らず、自然に眠りから覚めます。これまでやりたかったことは、すべてやり尽くしています。そして考えるのです。

「今日は何をしよう・・・」

そしてそれから以降、毎朝そんなことを考えるようになります。ある日は、公園のベンチで。そしてある日は、カフェやファミリーレストランの片隅でです。

これまでの人生、日々多忙に過ごし、会社を盛り上げ、日本経済の発展に貢献してきた方々は、老後を迎えた今、経済活動とのラインを絶たれ、やることもなく、毎朝を迎え、そして長い一日を過ごすのです。そして感じるはずです。空虚です。

老後を迎えてから、同様の境地に陥る方は、少なくありません。特にこれまでの日本経済の発展や維持を支えてきた多忙なビジネスマンであれば、その傾向は高いものとなるはずです。

これまで夢にまで見たフルタイムのフリータイム。しかしそんな舞台において、大きな戸惑いを持つことになります。なぜなら、フリータイムという舞台の舞を知らないからです。

ですから必要なのです。老後の事前準備が。準備とは、経済的なものだけではありません。充実した楽しい老後を過ごすためには、それなりの精神的準備や意識改革、そして事前の生活設計をシミュレートしておく必要があるのです。

本サイトでは、これらについての考えを深めていきます。

老後という舞台を、華やかにそして素晴らしいものとするために。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

快適な老後の生活を実現するためには、老後が到来する前からしっかりとした準備をしておくことが好ましいとされます。また、老後が到来してからでないと気づかないことも多々あることから、これらの知識を事前に知っておくことも重要となります。本サイトでは、あなたが老後を快適に送るための知識やノウハウ、コツなどを提供してまいります。どうか、ご活用いただければ幸いです。

カテゴリ一覧


老後の生活設計編