HOME>老後における適度な仕事編

老後において生き甲斐と経済的余裕を同時に得る方法


老後にも生き甲斐を持つ必要性

定年まで必死に走り続けたビジネスマンも、第二の人生を迎えると同時に、激務から解放さることになります。

「やっと自由になれた」と、多くの人が自由を満喫します。しかし、しばらくすると、やることがなくなり、多くの自由時間を得るのとは裏腹に、生き甲斐を失ってしまう方が少なくありません。

第二の人生において、生き甲斐のすべてを失ってしまうのは、実はとても辛いことです。せっかくの膨大な時間も意味をなしません。家でゴロゴロとしていると、妻には邪魔扱いをされるかもしれません。誰にも頼られず、誰からも感謝されず、ただただ無意味な時間が過ぎていきます。

体力や知力は、急速に衰え、そして老化が進みます。

「こんなはずではなかった」

と、そう思われることでしょう。

もし、第二の人生が、そうなるとお考えであれば、老後を迎える以前から、生き甲斐を持ち続けるための準備をされる必要があるかもしれません。

適度な仕事は第二の人生に輝きをもたらす

現役時代、精力的にビジネスを展開されてきた方の場合、生き甲斐を持つ最も最短の方法は、何らかの適度な仕事を持つことだといわれています。

ただし、現役時代のように朝から晩まで働く必要はありません。週の中で数日、1日数時間程度の仕事を確保する準備を、今からしておけばよいのです。

仕事によって、経済に何らかの接点を持ち続けることが可能となります。

仕事とは、何らかの業務により、顧客に奉仕することに他なりません。つまり、それにより信頼や感謝を得ることとなり、徐々に新たな生き甲斐を生むことになるのです。また、適度な仕事は、今後の年金生活に、少なからず経済的余裕を与えてくれるはずです。仕事がない日には、妻とともにドライブや旅行に出かけるのも良いでしょう。趣味に没頭するのも良いかもしれません。

適度な仕事は、第二の人生を輝かせることにもなるわけです。

「年金や貯蓄は十分にあるため、働く必要性を感じない」

そんな方の場合、ボランティアなどに時間を使われてみてはいかがでしょうか。この点については、別の項でも考えを深めますが、ボランティアは、多くの人々の助けになります。このため、信頼や感謝を得やすい活動です。お金にはなりませんが、それが不要である場合、代わりに信頼や感謝を得ることで、生き甲斐をその中に見いだすことも、とても素敵な時間の過ごし方であることでしょう。

第二の人生に不可欠なもの、それは生き甲斐であり、生き甲斐を生むための最も簡単な手段とは、適度な仕事であることを、ご理解いただければ幸いです。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

快適な老後の生活を実現するためには、老後が到来する前からしっかりとした準備をしておくことが好ましいとされます。また、老後が到来してからでないと気づかないことも多々あることから、これらの知識を事前に知っておくことも重要となります。本サイトでは、あなたが老後を快適に送るための知識やノウハウ、コツなどを提供してまいります。どうか、ご活用いただければ幸いです。

カテゴリ一覧


老後における適度な仕事編