HOME>老後の生活設計編

老後に子供と同居したいと願うなら


老後に子供と同居する確率を飛躍的に上げる

人の考えはさまざまであり、画一的な正しい方向性は存在しないものです。老後はひとりもしくは妻とふたりだけで暮らしていきたいと願う人もいらっしゃいます。また、できれば子供と同居したいと願う方もいらっしゃることでしょう。

もし仮に、子供と同居した形で老後を過ごしたいと願うなら、その実現確率を大幅に高める方法があります。

それは、二世帯住宅として利用可能な広めの持ち家を取得しておくということです。また、この住宅は、利便性の高い立地に建てる必要もあります。このような条件をクリアした持ち家を取得することに成功したのなら、後に子供たちが同居をしてくれる確率を、大幅に引き上げるとが可能となります。しかしこれはなぜなのでしょうか。

家は家族を呼び寄せる大きな力を持つ

実際に、二世帯住宅を取得されたとしても、一旦、子供たちは家を出て行くはずです。まずは一人暮らし、そして後に結婚をして別に新居を借りるはずです。

しかし子供たちに子供、つまりお孫さんが生まれる頃になると、子供は考え始めるはずです。それは、両親の老後の問題や、子供を育てるための多大なる家計負担を如何にして軽減させるかについてです。そしてここで、二世帯住宅の価値が輝くわけです。

親と同居すれば、親の老後問題は解消されます。また、実家に入り込めば、家賃を低減させることができることでしょう。

幸い、実家には快適な生活をするための二世帯住宅環境があります。嫁姑の問題も大きくなるリスクがありません。立地も高い利便性を有しており、通勤にも便利となれば、実家への移転は、ごく自然な流れとなることでしょう。

つまり、家は、子供との生活を自然な形で引き寄せることができるわけです。なお、お子さんが娘さんであれば、家に子供家族が戻る可能性はさらに高まるかもしれません。娘であれば妻との確執は皆無であるからです。

もし、これから持ち家を取得するのであれば、ぜひ老後の方向性も想定した家を建てるべきでしょう。家は、家族を呼び寄せる大きな力となるものだからです。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

快適な老後の生活を実現するためには、老後が到来する前からしっかりとした準備をしておくことが好ましいとされます。また、老後が到来してからでないと気づかないことも多々あることから、これらの知識を事前に知っておくことも重要となります。本サイトでは、あなたが老後を快適に送るための知識やノウハウ、コツなどを提供してまいります。どうか、ご活用いただければ幸いです。

カテゴリ一覧


老後の生活設計編