HOME>老後の生活設計編

老後の生活資金とマネープラン


老後の生活における平均的なコスト

現在、老後の生活における平均的なコストは、地域によって格差はあるものの月当たり25万円程度とされています。また、ある程度ゆとりある生活を実現するためには、月あたり35万円程度を必要とします。つまり、不自由のない生活を実現するためには、年間420万程度のコストが、老後においても毎年かかることになるわけです。

さて、私たちの多くは、老後の生活資金を、年金と退職金を含めた貯蓄において捻出しようとします。年金の支給額は、加入年金やその年数、納めた額により個々に差が生じるはずですが、その一方で満足のいく老後の生活を手にするためのコストには、個人差があまりないことがわかります。よって、人により収入と支出に格差が生じ、マイナス額が多くなれば、それだけ生活レベルも下げざるを得なくなり、ゆとりある生活が望めない状態を招きます。

ですから、この差異を出来うる限りうめることが必要となるわけです。

豊かな老後を送るための選択肢

差異を埋めるには、収入を増額するか、支出を出来うる限り下げるか、もしくはその双方を実現するかの方法に限られるはずです。

まず、収入を増額するためには、年金とは別の収入手段を作り出す必要があるでしょう。これは、適度な仕事を探しておくのも良いでしょう。また、適度な収入を生むためのビジネスをあらかじめ準備し、軌道に乗せておく方法もあります。

年金はあくまで自分が動けなくなった際に取得するものと割り切り、できうる限りは自ら稼ぎ、稼ぐことができる間は、年金受給を繰り下げるという方もいらっしゃるかもしれません。いずれにしても、出来うる限り収入を上げることを考えなければならないことについては、熟考しておく必要があります。

支出を抑えることについては、意識を改革することで、比較的早く実現することが可能となるはずです。これについては本サイトの各部でふれていきますが、「断捨離」を取り入れることで、物欲を捨て去るとともに、なるべく物を買わない生活へとシフトし、年間100万円以上の支出を抑えることが可能となります。この意識改革を行います。

これらを同時並行で実行するならば、実は、年間幾らの年金がなければならないという枠は、かなり緩いものとなります。実際、年間100万円の年金で、夫婦ふたり、比較的豊かに生活されていらっしゃる方もいるのです。

なお、老後の生活資金やマネープランについては、必ず支出を考慮したバランスのとれたものとして総合的に熟考する必要があることを、まずはご理解いただく必要がありそうです。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

快適な老後の生活を実現するためには、老後が到来する前からしっかりとした準備をしておくことが好ましいとされます。また、老後が到来してからでないと気づかないことも多々あることから、これらの知識を事前に知っておくことも重要となります。本サイトでは、あなたが老後を快適に送るための知識やノウハウ、コツなどを提供してまいります。どうか、ご活用いただければ幸いです。

カテゴリ一覧


老後の生活設計編