経営者に特化した老後の準備とは

Sponsored Link

経営者が引退する際の注意点

もし経営者であられるならば、経営者としての老後の準備を、事前に始める必要があるはずです。零細企業などにおいて、挙げられる問題の多くは、経営権をいつ子供に移譲すべきかという点だといわれています。

仮に、息子がいない、もしくは息子に継ぐ意志がなく、後継者が存在しないのであれば、そして現在の企業が自分の意志によってどのようにアレンジすることができるのであれば、老後に向けて徐々に業務の縮小化を図り、老後は、自由な時間を過ごしながらも、必要な分だけ業務を請け負う環境を作り上げておけば良いことになります。

また、息子がすでに後を継ぐ形で経営に参加しているのであれば、引退の時期を決め、その後は息子だけでも十分に運営が可能な状態を構築し、徐々に経営権を移譲していけば、大きな問題もなく、仕事を退くことができるはずです。

引退をした上で、自分のできる仕事を残しておけば、その部分のみを担当することで、自由な時間と生き甲斐の双方を手にすることができることでしょう。

経営者自らが経営を退いた後のことは、ご自身のアレンジで、どのような方向にも道筋をつけることが可能です。

しかし、それにはある程度の時間がかかることから、長期的な視野やプランのもと、少しずつでも事を進めていくことが必要となることでしょう。

Sponsored Link


前ページ次ページ

Sponsored Link