早めにリタイヤしたいと願うあなたの準備

Sponsored Link

繰上げて年金を受け取らずに60歳でリタイヤする方法

今後、老後を迎える方の年金受給年齢は、65歳以降であるはずです。また、65歳以前に年金受給資格を得たとしても、多くの方は、65歳までは働こうと考えるはずです。

しかし、中には60歳できっちりとリタイヤしたいと考える方もいらっしゃることでしょう。

働くのは60歳までとしたいと、もし願うのであれば、そして、まだ老後の到来まで十分な時間があるのであれば、準備をすることで、60歳でリタイヤを果たし、それから以降、豊かで充実した生活を行うことは可能です。

受給資格を得る年によって異なりますが、繰り上げ受給が認められています。ちなみに1960年以前にお生まれであれば、65歳以前から、年金を受給することが可能です。繰り上げ支給を請求した時点に応じて年金が減額され、その減額率は一生変化しないとされていますが、その条件を受託さえすれば、65歳以前に年金を受け取ることができるわけです。

しかし、60歳までにあと数年の年月をお持ちなら、繰り上げ支給を申請することなく、しかも60歳にリタイヤすることが可能となるかもしれません。

60歳をターゲットとして、ご自分のビジネスを展開するための準備をスタートする方法です。

自分のビジネスを育てる価値とは

多くの方は、これまでサラリーマンとして生きてこられたことでしょう。サラリーマンの場合、人生の一部を切り売りすることで、その対価を得てきたはずです。ですから、現段階において、新たなビジネスを展開することなど、考えに及ばないという方も少なくないでしょう。

しかし、豊かでかつ充実した老後を迎えるためのビジネスは、若い人間が起業をするのとは、少々色合いが異なります。大きな先行投資と、多大な労働の上で、大きな利益を狙う必要はないのです。

むしろ、好きな時間に働き、そして年金に足りない程度の収入を得るビジネスを、今後、老後を迎えるまでの時間の中で、少しずつ構築していけば良いわけです。

たとえば、現在50歳でかつ、60歳のリタイヤを望んでいるとしましょう。すると、豊かな老後を送るための資金から年金分を引いた差分を生み出すビジネスを、10年かけて準備すれば良いことになります。先行投資をかけずに、時間を味方につけるわけです。

インターネットの登場も手伝ってか、現在では、起業からわずか10年で株式上場を果たす企業さえ登場してきています。一方、老後対策としてであれば、これから10年をかけて、たとえば年収100万から200万程度を得ることの出来るごく小さいビジネスの準備を行えば良いことになります。

いかがでしょうか。これなら仕事の片手間の準備であったとしても、実現できるようには思われないでしょうか。

極小ビジネスの構築プランの原則

この極小ビジネスの構築プランの原則は、「お金をかけずに時間をかける」という部分にあります。多大な先行投資をしたとしても、そのビジネスが成功するか否かは未知数です。しかし老後が近づいたタイミングにおける失敗は、残りの人生において多大な影響を与えてしまいます。

ですから、あくまでもお金ではなく時間をかけるわけです。

まずは、どのようなビジネスが可能であるかのリサーチから始めます。たぶんは、長い人生の中で積み上げてきたスキルがあるはずです。このスキルを十分に発揮できるビジネスモデルを考えます。そしてこれをお金ではなく、時間をかけて膨らませていくのです。

たぶんは数年の間、まったく利益がでないかもしれません。しかし、老後を迎える段階において、年金の不足分を稼げるようになっていれば問題はありません。

ビジネスにとって時間は大きな味方となります。

たとえば、これまでに積み上げた知識を用い、ある市場のある商品の販売ビジネスを行おうと考えたとします。その商品の仕入れ額は700円ですが、1000円であれば買い手がつくとします。そこで、700円でその商品を仕入れます。

そしてじっくりと販売ネットワークを広げていきます。いずれその商品は売れます。そこで再び700円で商品を仕入れます。先の売上額1000円が残っていたので、これに400円を足して、今度は商品をふたつ仕入れます。そして商品が売れます。

すると資金は2000円となっていることでしょう。計3個の販売において300円x3=900円の利益です。この利益を再び商品仕入れとして回します。つまり、時間をかけて利回りを稼ぐわけです。

片手間の仕事です。ゆっくりと資金は膨らみます。しかしこれを10年続けたなら・・・。

おわかりでしょうか。このシンプルなビジネスには、リスクがありません。ゆっくりと資金は増えますが、その資本となった金額は数千円で済むことになります。

ビジネスとは、このように時間さえかければ、その回転を徐々に膨らませることができます。

そして60歳を迎えます。きっとその頃には、年金に依存することなく、これまでのサラリーマン生活に終止符を打つことができるはずです。

第二の人生において、自営の道を、好きなときに好きなだけ進むことができるようになっているはずなのです。

Sponsored Link


前ページ次ページ

Sponsored Link