老後のソーシャルネットワークサービス活用術

Sponsored Link

そもそもSNSとは何か

昨今では、ブログやFaceBookに自分のサイトを立ち上げる高齢者の方が急増してきています。また、MixiやTwitter、LineなどのSNS、つまりソーシャルネットワーキングサービスを活用し、人的ネットワークを拡大されている方も目立つようになってきました。

加齢と共に、次第に付き合いの幅が狭まる傾向にある中で、SNSの活用は、これまでにない幅いろい人的ネットワークを、年齢に関係なく拡大することが可能です。

ちなみに、SNS(Sosial Networking Service)とは、人と人とのつながりを促進、サポートするコミュニティ型のWebサイトをいいます。SNSに登録したりサイトを立ち上げる場合、プロフィール情報、たとえば住居地域や趣味、嗜好、出身校などを入力することが可能となっています。

また、SNSサイト内で友人知人を探したい場合、これらの情報を一括で検索することができることから、同じ町内に住む人や、同じ趣味を持つ人、同じ出身校の人、さらには、友達の友達など、さまざまな条件での検索が出来るのです。このため、共に盛り上がることのできる人たちが、知り合い、語り合うことのできる機能がSNSには多く用意されているのです。SNSを用いることで、コミュニティを手軽に拡大することができるわけです。

SNSを利用することで孤独の日々から脱する試みを

昨今では、高齢者間においても、SNSが多く用いられています。たとえば、ゲートボールチーム仲間や、町内で集う囲碁クラブ仲間など、日々活発に情報やメッセージのやり取りを行うなどの活用がなされているのです。

今後、SNSの普及はさらに拡大していくことが予想されています。

老後にSNSのコミュニティを活用してみたいと思われるのであれば、老後が到来する以前から、利用を開始されてみてはいかがでしょうか。SNSを利用しだしてから数年もすると、サービス機能を最大限に使いこなすことのできるユーザになられていることでしょう。

そしてそんなスキルを持ってして、老後を迎えたとしても、決して孤独な老後を歩むことはなくなるはずです。SNSには、そんな限りない可能性やポテンシャルが内在しているといえそうです。

Sponsored Link


前ページ次ページ

Sponsored Link