老後は田舎で生活する選択肢も考慮しよう

Sponsored Link

老後における田舎暮らしのメリットとは

現役時代において、私たちは住むべき場所に制約を受けていたはずです。これは、自営であれサラリーマンであれ同様です。私たちはお金を得るために、何らかの仕事を持つ必要がありました。日々職場に通うためには、その職場に通うことができる場所に住む必要があったわけです。そしてこの職場は、多くの場合都市圏に集中していることから、多くの人たちは、都市圏に住む必要があったわけです。

しかし、年金で生活を迎えた段階において、私たちはその制約から解き放たれることとなります。どこに住もうとも、年金を受けることは可能だからです。

首都圏や都市圏でしか生活をされたことのない方の中には、地方の物価水準を知らない方が少なくありません。住居については、驚くほどの安い家賃で、広い住環境を得ることが可能となります。

場所によっては、廃屋をただ同然で借りることも可能です。これを改築することで、快適な田舎暮らしを手にされている方もいらっしゃいます。また、食材においても一般の流通ルートを介さない生鮮食品は、スーパーなどで購入するよりも安く手に入れることができるものです。また、現在ではインターネットを用いることで、もともと大都市圏でしか手に入れることができなかった物も、手軽に購入することが可能です。

つまり、年金暮らしにおいて、住む場所に制約をうけることなく、より安いコストで生活をすることが可能です。生活を都会から田舎へと移すことで、コストを大幅に削減することができるわけです。

田舎であれば家庭菜園などができる程度の土地を、タダ同然で借り受けることも可能です。実際年5000円で100坪程度を借り受け、日々ご夫婦で野菜を育てていらっしゃる方もいます。趣味と実益を得ることに成功しているのです。

田舎暮らしにおける仕事と医療

インターネットを用いることで、場所を選ばぬ仕事を作り出すことも可能です。これには時間がかかりますが、5年10年の長期的な準備を行うならば、年金にプラスして生活を潤す程度の収入を得られるように、自分のビジネスを育てることさえできるのです。すると、田舎暮らしでも、豊かに安定した生活を手にすることができるはずです。

なお、田舎暮らしを始めるに当たり、あらかじめ調べておくべき問題として、医療施設があろうかと思います。過疎地には病院の数が少ないことから、適切な医療を受けることができないというい問題があるものです。

しかし田舎であったとしても、比較的近くに総合病院がある場所は少なくありません。事前の調査において、これらについては十分な下調べをしておき、病気などの自体にも、問題がないエリアを選択することで、これらの問題は事前に解消することができることでしょう。

田舎暮らしには、都会の暮らしにはない癒しがあるものです。自然に囲まれ、自然から得られる恩恵を日々受けながらの生活、しかもその生活費は、都会のそれに比べて安価に実現することができることから、今後、少ない年金で老後を凌がなければならない世代にとっては、選択肢として考慮すべきもののひとつであるはずです。

Sponsored Link


前ページ次ページ

Sponsored Link